「汗」と「におい」と「制汗剤」

ニオイが発生する原因は汗?

「汗=くさい」と考えていませんか? じつは、汗自体には全然ニオイがないんです。脇汗だって始めは臭いゼロ。でも、汗をだしてケアせず時間が過ぎると汗が酸化したり細菌に分解され、それがニオイができる原因物質が生じて、汗臭いニオイや、ワキガのニオイを発することになるのです。それに加えて、汗の量が多いとき汗を分解する細菌が増加しやすい環境になるため、ケアせずでいるとますますニオイを発生! 暑い時期やスポーツをしたときの汗のニオイを気にしているのはそのためです。

 

辛いものを食べて出る汗はニオイづらい?

汗を出す汗腺には『エクリン腺』と『アポクリン腺』の2種類があります。ほぼ身体全体に存在する『エクリン腺』から出る汗は、99%が水分であるため、サラサラしていてニオイがでにくい汗です。 緊張した場合や辛いものを食べた場合手のひらや足裏、脇などにかく汗は、このエクリン腺からでています。汗の量が極めて多い「多汗症」もエクリン腺からの汗の理由です。思春期に脇や外陰部など、特定の所に強くなる『アポクリン腺』の汗も、かいたすぐ後はぜんぜん臭いません。ただし、ケアせず時間が経過するとお肌の細菌が汗を分解して、「ワキガ」特有のニオイを生じます。また、粘りがあって色素成分も含むため、黄ばみや汗ジミ要因にもなります。

 

「汗のニオイ=フェロモン」なの?

汗を分泌する2つの汗腺のうち、『アポクリン腺』から出る脇汗のニオイ、つまり「ワキガ」は嫌なニオイの代名詞。しかしこの「ワキガ」、昔は異性を引きつけるフェロモンの役柄をしていたそう! ナポレオンが夫人に届けた書簡に「これから帰るから、風呂だけは入るな」と記されていたといった話も存在します。彼氏や旦那さまに脇汗ケアのことで相談してみたら、思いもよらない答えが返って来るかも?また、もうひとつの汗腺『エクリン腺』からの汗は、体温上昇を防止する役割があります。体温が上がると汗が分泌され、蒸発する時の気化熱が肌から熱を奪って体温を整えます。ですが、汗が過多になると汗ジミの原因にもなりますから、上手に付き合うことが大事ですね。

 

脇汗を止めてもOK?

脇汗は、じつは、体全体を出る汗のわずか1%。とても少ないので、汗の役割である体温コントロールなどに影響はありません。脇で阻止した汗は、尿や身体の他の部分の汗として出るため、それなりの部位の汗が増えてしまうほかすることもないです。脇汗が出ることで「汗ジミ」や「ニオイ」の要因となってしまうので、1%の脇汗を制御することは、自信や安心感を覚えて生活できて、女子力アップにもなる大切なカラダのケアだと言えますね。

 

制汗剤は一日何回使用してもいいの?

一日の頻度や時間のルールはないので、汗やニオイを気にしている時にタイミングに合わせて使用してOKです。ロールオンやスティック、スプレー、シートなど、多くのタイプの制汗剤が備わっているので、ご自身の生活スタイルやカラダの部位などに合わせて分けて使用してもいいですね。ロールオンやスティック、スプレータイプは朝の外出前や、飲み会・デートの前などにおすすめ。シャワーデオドラントといったウォータータイプは、朝起きた時や風呂上りなんかに、シートは、スポーツ後や外出する時のケアにもってこいです。

 

制汗剤の上手な使いみちは?

たとえば、大量に汗をかいた後でスプレーやロールオンを活用したい時は、先にシートタイプで汗を拭いてクリーンにしてから使用するのがオススメです。Lunch会やデート等には、「香り」を重点としたデオドラントスプレーやシャワーデオドラントなどのウォータータイプを使用して女子力を補うのもいいですね。多くのタイプの制汗剤やデオドラントにおいて、ライフスタイルやシーンごとに上手にセレクトして、分けて使用したり組み合わせたりするとよりストレスなくお使いいただけます。

 

制汗剤をお休みする際はどうしたらいい?

どのタイプの制汗剤も、入浴時にボディーソープなどを使って洗い落とせば落ちますので、特別なアイテムは不要です。汗ジミや黄ばみ、ニオイといった汗対策は意識しつつ、何回塗り直しても、風呂と一緒に簡単にお休みできるので簡単にお使いしてみてください。