ワキガの臭いを無くすためのデオドラントの適正な選び方

ワキガの臭い対策をとるには、ワキガの臭いが現れる原因を知ることが必要です。ワキガの臭いが生じる原因は、主に次の2つです。 ワキにあるアポクリン感染から出る汗肌の表面に付着しているコリネバクテリウム属の菌これがワキガの臭いの要因です。 要するに、「脇汗を止め、ワキの原因菌を除菌」すれば、ワキガの臭いは抑止できるという意味です。 これを活用して、重度のワキガにも効き目があるデオドラントの選択法のポイントを教えます。

 

デオドラントの選択法のポイント

 

アポクリン汗腺からの汗の分泌を抑える成分が含有されていること

汗を抑える成分として一番有効とされるのは、「パラフェノールスルホン酸亜鉛」という成分です。この成分は、汗に入るたんぱく質と作用することによって、金属塩を作り、汗が分泌する表面に蓋をする効き目があるとされています。

 

コリネバクテリウム属の菌を除菌する成分が入っていること

ワキガのニオイの原因菌となる「コリネバクテリウム属の菌」には、「イソプロピルメチルフェノール」が特に効き目があるとされています。このニオイ菌は、極めて強く、服の上からもニオイが貫通するくらい強烈です。ドラッグストアーで売られているような市販のデオドラントでは、実に効果が感じ取れないと感じるのは、この強力な原因菌に反応する消臭成分が含まれていないためです。

 

保湿効果が見られること!

制汗作用で脇汗をストップしてしまうと、お肌の表面は乾燥します。すると、脳は「お肌が乾燥しているから、汗を出さなきゃ!」と発汗のシグナルを送ります。この状態では、せっかくの制汗作用が半分になります。なので、デオドラントには保湿成分が含まれたものを選ぶことが必要です。

 

お肌への刺激がないこと!

消臭効果がきつく、制汗力が高い製品の中には、お肌への刺激があり過ぎる商品もあります。特に、海外製のデオドラントは、お肌が強い外国の方向けの商品ですので、比較的敏感肌となる日本人にはふさわしくないケースがあります。

 

ランニングコストが安いこと!

重いワキガに実効性がある商品であっても、プライスが高すぎる商品は選択すべきではありません。そのワケは、デオドラントクリームは治療する商品ではなく、ニオイを阻止する商品です。つまり、長期間利用し続ける必要があります。1本8000円以上の商品もありますが、そこまで高価な商品じゃなくても、オススメ商品はありますよ。

 

それでは、上記のポイントを元に実際に使って効果を感じた2017年のオススメデオドラントを紹介します。

 

是非参考にして下さい。→『クリアネオの口コミ』サイト